完璧な筋肉をラクして手に入れる、DCC ディープチェンジクレアチン

 

DCC ディープチェンジクレアチンは筋肉を動かすクレアチンを高配合しています。

 

だから、ラクしてムキムキになれます。

 

運動やトレーニングをしなくてもムキムキモテマッスルです。

 

これが多くの人が求めいた完璧サプリメントです。

 

DCCディープチェンジクレアチンの魅力とは?

 

DCC ディープチェンジクレアチンが買えるのは公式だけ!

DCC(ディープチェンジクレアチン)の秘密はクレアチンにあります。

 

クレアチンは筋肉の動きを活性化させる栄養素です。

 

クレアチンがあれば寝ているときでも筋肉はしっかり活動できます。

 

だから何もしなくてもトレーニングになるのです。

 

クレアチンは摂取しにくい貴重な筋肉活動栄養素です。

 

しかし、クレアチンは牛肉1kgからたった5gしか摂ることができません。

 

クレアチン5gは普通の人の標準1日摂取量です。

 

そのクレアチンを普通の人の2倍摂るだけでも牛ステーキを2kgも食べなくてはいけません。

 

そんなのは無理です。

 

DCC(ディープチェンジクレアチン)があればカンタンにラクしてクレアチンが摂取できることになります。

 

超効率的です。

 

しかも、DCC(ディープチェンジクレアチン)はクレアチンだけでなくさまざまなマッスル成分を配合しています。

 

マッスル成分について
クレアチン

先ほど説明したとおり筋肉を動かす素となる栄養です。

 

HMB

筋肉の修復率を高める栄養成分。

 

人の体は筋肉を修復するとき、今までよりも大きな筋肉を作ろうとするのでマッスル志願者には申し分なし。

 

BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)

筋肉の燃焼に役立つ燃焼系アミノ酸です。

 

イミダ15

スタミナの素となるイミダ15。

 

長い距離をひたすら飛び続ける渡り鳥の羽根元の筋肉に多く含まれている成分です。

 

アミノ酸より細かいペプチドタイプなので吸収性も抜群です。

 

更に、DCC(ディープチェンジクレアチン)はマッスル成分の他にもダイエット成分もしっかり配合。

 

DCC(ディープチェンジクレアチン)ならスマートマッスルを目指せます。

 

ダイエット成分について
コレウスフォルスコリー

燃焼系植物でフラボノイドを高含有。

 

血流をしっかり改善してスッキリさせます。

 

酵素成分236

酵素には体内の代謝を高め老廃物をサイクルする働きがあります。

 

水素吸蔵サンゴ末

水素が物を爆発させるのはご存知ですよね?

 

水素吸蔵サンゴ末には体の水素を保ち中から燃焼の素となってくれる働きがあります。

 

水溶性デキストリン

少量の摂取でも満腹が得られるので食べ過ぎ防止に。

 

腸内の老廃物を吸着移動してくれるので便秘解消ポッコリお腹にも最適です。

 

 

まだまだそれだけじゃありません。

 

DCC(ディープチェンジクレアチン)には筋肉だけでなく体そのものの活動をサポートする成分もたっぷりプラスしています。

 

サポート成分について
シルトリン

アミノ酸に近い成分で、精力回復にも役立ちます。

 

男は精力的じゃないとモテません。

 

オルニチン

シジミに多く含まれるアミノ酸。

 

肝臓をいたわり飲み過ぎをサポートします。

 

モテる男は悪酔いしません。

 

ミネラル酵母

牡蠣など貝類に多く含まれるミネラル酵母。

 

体の芯からパワーを発揮します。

 

 

つまり、DCC(ディープチェンジクレアチン)はラクして筋肉ムキムキだけなく、ダイエットや活動的な夜もサポートしてくれるのです。

 

マッスルスリムで夜はハッスル。

 

これなら女性にもモテモテです。

 

スポーツジムを利用した筋トレの効果は!?

 

DCC ディープチェンジクレアチンが買えるのは公式だけ!

スポーツジムには、週に2、3回程度行っています。

 

筋トレは一日おきが効果的だと聞いたので、連続して行くのではなく、最低1日間隔を空けて行くようにしています。

 

ストレッチを軽く行ってから、まずはトレッドミルで有酸素運動をします。

 

私の場合は、10分程度早歩きで歩きます。

 

それから無酸素運動にうつり、アブクランチで腹筋を鍛え、チェストプレスで腕と胸筋、レッグエクステンションで太もも前、レッグプレスで下半身、お尻を鍛えます。

 

どれもそれぞれ、15回を3セットずつ行っています。

 

一通り終わったら、また有酸素運動に戻り、20分間走ります。

 

ジムでは、ヨガやダンスなどの教室もあるので、気分転換にそれらに参加しています。

 

運度の際は、DCC ディープチェンジクレアチンを使用するなど、汗の出や筋肉がつきやすくなるほう、心がけています。

 

食事をする際に気を付けるポイント

 

食事はなるべく1日3食食べるようにしています。

 

でも、夜は炭水化物を抜いて、野菜中心の食事をとっています。

 

夜ごはんを多食べる時間は、あまり遅くならないようにしていますし、食べてから3時間は寝ないようにもしています。

 

朝と昼はしっかり炭水化物をとり、我慢してストレスがたまらないように、好きなものを食べています。

 

お菓子などは、塩分とりすぎになるので、食べないように心掛けています。

 

食事の味付けも濃くならないようになるべく薄い味で食べるようにしています。

 

毎日だいたい同じ時間帯に食事をとるようにしています。

 

30代中盤からの筋トレ事情

 

これまで、運動には全く無縁だったのですが4人の出産もあり、34歳にもなると腰回りの肉が若い頃と違い全く落ちなくなってきたので、運動をしたいと思い、だからと言ってジムに通う余裕はないのでなにか家にいながら手軽に始められることからと思いウォーキングとスクワットをしています。

 

DCC ディープチェンジクレアチンが買えるのは公式だけ!

ウォーキングは子供を幼稚園に送った後に、遠いルートから帰るようにしたり、お迎えの時に少し早く家から出て歩くなど、私の1日の活動の中で確実にやらなければならないことのついでながら、少しの工夫でやっています。

 

スクワットは、洗濯物を干す時にカゴか服を取り出しながらしたりします。

 

主婦業は、終わりがないので何かをしながら取り組めることじゃなければ続けるのが困難になってしまいます。

 

なにか特に気をつけてるわけではありませんが、朝起きた時は白湯をのむだとか、甘い飲み物は控えるだとか少し健康志向になった気はします。

 

 

 

前までは、仕事をしながら家事育児だったので外食することも多かったし、職場仲間との飲み会だったりと健康には程遠いような生活をしていたのですが、専業主婦になって自炊する時間は十分にあるので外食も減ったし、子供達が学校に行ってる間も家に1人で、掃除洗濯と色々家事をしていると気づいたら子供を迎える時間になっていたりして、昼食を取らない日があったりするので1日の食事回数が2食だったりと自然と減ってしまいました。

 

あとは、肉を1度茹でて油を落とすなと、小さい事からコツコツやっています。

 

それは、昔からかわらずなんですが、そこからの摂取する脂質分が減るから良いのかなとは、思います。